いまや定時で帰るのが普通! 定時退社を行うためにするべきことは?

>

チームワークと経営者?

チームワークで効率化!

もちろん仕事は一人きりで行うものではありません。
プロジェクトや新規事業・新企画を控えている方は残業を余儀なくされることもあるかもしれません。
しかしここでお勧めしたいのが、チームワークを有効活用することです。
チームワークといっても一人の仕事量が明らかに多かったりすると、意味がありません。
それぞれの得意分野や技量によって上手に分担すれば、効率的に仕事を行うことができます!
こうすることで、仕事に負担を覚えずに退社時間を早めることができます。

さらにチーム内で、「残業をなるべくしない」という共通認識を持つこともよいといえます。
誰かが残業をしているとみんなが残業をしなくてはいけないような空気が漂ってしまいますからね。

会社の仕組みを変えよう!

最後に会社の仕組みを変えてしまおう!というお話です。
いくら個人個人が定時退社をして残業をなくそうと努力しても、会社自体に「残業は良いこと」という風潮が残っていたら意味はありません。
そのため、フレックスに働ける環境を内側から作り上げてくことが必要なのです。
しかし大企業になればなるほど役員などの役職を持てるようになるまでかなりの時間を必要とされるでしょう。
そこで今回お勧めしたいのは、ベンチャーなどの小企業で実績を重ね、その後ベンチャー企業の役員として活躍していくことです。
ご自身が経営者となり、働きやすい環境を整えていくのです!
今後フレキシブルな働き方というのは主流になっていくはずです。
そうした風潮の先駆けとして、チャレンジしてみませんか?


シェアする